• トップページ
  • オーガニック化粧品とは
  • オーガニック化粧品の魅力
  • オーガニック化粧品の効果
  • オーガニック化粧品の安全性
  • 日本のオーガニック化粧品の口コミ・評判
オーガニック化粧品 オーガニック化粧品とは オーガニック化粧品認証とは

オーガニック化粧品認証とは

一覧ページに戻る

オーガニック化粧品の認証団体

オーガニック化粧品の、公正な基準を設けるために、世界では、非営利団体のオーガニックコスメ認証団体が、それぞれの国で、発足しています。

ヨーロッパの認証団体

ヨーロッパの化粧品メーカーが中心になって立ち上げた「Na True」は、ヨーロッパでも名だたるナチュラルコスメブランドばかりで、特徴としては、基準の一般公開や、認証制度をビジネスにしない、また認定基準や、認定プロセスをHP上ですべて公開している、そして、オーガニック成分の含有率を星の数でわかりやすく表示しているなどが挙げられます。

「ECOCERT」は、フランスの農学者の団体によって1991年に設立されています。
ヨーロッパで規定されているオーガニックの基準を満たしているかを厳しく検査し認定を行っています。
フランスの団体ですが、世界スタンダードとなっていて、オーガニック認証団体の世界基準とも言われています。

国際的な第一級の有機認定マークの一つとして、高い評判と、信頼を得ているので、世界各国に独立法人を置き、ネットワークなども持っています。

オーストラリアの認証団体

オーストラリアでは、「ACO」という認証団体があり、他と比べても、かなり厳しい基準内容を持つようです。
そのため、ACO認定を受けたオーガニック化粧品は、化学合成成分が一切使われていない100%天然成分であるといえるようです。

アメリカの認証団体

アメリカでは、「USDA」という日本でいう農林水産省に当たる政府機関がオーガニック認定全米統一基準を制定し認証を行っています。
しかし、まだ、明確な基準が確立されていない部分もあるため、食品基準のUSDAが採用される場合もあるようです。

ドイツの認証団体

ドイツは、複数の認証団体が存在しますが、その一つとして2000年に発足した医薬品、化粧品商工業企業連盟である「BDIH」が認証を行っています。
原料や、保存料、動物保護、放射線に至るまで細かく定めて管理しています。

「demeter」は、2001年に発足したオーガニック農産物&食品の連名で、バイオダイナミック農法をしていることが最低条件となっており、大変厳しい基準で認証を行っています。

その他にも、イギリスやイタリアなど、各国で厳しい基準を設けた認証団体がありそれぞれの基準で認証を行っています。

ページトップへ

口コミ・評判ランキング

KOTOSHINA(コトシナ)WEBサイト
9点

ジョンマスターオーガニックは、ニューヨークのサロンから始まったブランドです。 サロンで認められるほどの、実力を持ったオーガニックケアブランド。 今ではアメリカから世界中での愛用者がいるのが特徴です。

オーガニック化粧品の詳細を見る
>> ジョンマスターオーガニックのオーガニック化粧品の詳細を見る

7点
口コミで話題のCCクリームとは??

ベースメイクとして使用されているCCクリームですが、CCクリームは似たような名前のBBクリームと違い、始めからメイクの下地に使うクリームとして開発された物です。様々なメーカーが販売しているCCクリームですが、そんなCCクリームの口コミ評判を掲載しているのがこちらのサイトです。

オーガニック化粧品の詳細を見る
>> 口コミで話題のCCクリームの詳細を見る

6点

炭酸を用いた『炭酸ミスト』化粧水が最近人気が高まっています。炭酸は肌への浸透力が高いため水分補給がスピーディーな他にも血行に働き掛けるので、新陳代謝の活性化にも効果を発揮してくれます。そんな炭酸ミストを口コミ評判を元にランキング化しているのがこちらのサイトです。

オーガニック化粧品の詳細を見る
>> 炭酸ミストの詳細を見る

第一位のオーガニック化粧品

オーガニック化粧品とは

オーガニック化粧品の魅力

オーガニック化粧品の効果

オーガニック化粧品の安全性

日本のオーガニック化粧品の口コミ・評判


ページトップへ